牡蠣

貝と白ワインのバル KAKIMARU 綾小路店

160225_16

小雪が舞うなか、お口直しにと綾小路を東へ歩くこと5分。
七条西洞院で連日満席の人気店、『貝と白ワインのバル KAKIMARU』の綾小路店へやってきた。

2015年12月10日にオープンしたばかり。
できたてほやほや。

160225_17

まるでカフェのようなお洒落な雰囲気は女性好み。
カウンターには女性2人組に加えて、おひとりさまが2人、それぞれ仲良くなってる。

160225_18

サンタカロリーナ ソーヴィニヨンブラン シャルドネ \480-

「貝と白ワインのバル」だけに、まずは白ワインをいただく。
すっきりとして牡蠣にあいそうなグラスワイン。

160225_19

「KAKIMARU」の定番、冷製ヴァポーレ。
一度蒸したものらしい。

牡蠣殻を載せる小石が素敵。
盛り付けにもこだわりを感じる。

160225_20

牡蠣の冷製ヴァポーレ 塩レモン \390-

牡蠣のひだひだが新鮮さを語る。
あっさりとレモンで潮の香りが広がる。

幸せ~。

160225_21

牡蠣の冷製ヴァポーレ プレーン \390-

「プレーン」だけど、オリーブオイルにまみれてる。
塩味が美味しい。

幸せ~~。

160225_22

牡蠣の冷製ヴァポーレ ヴィネガージュレ \390-
牡蠣の冷製ヴァポーレ サルサソース \390-

「KAKIMARU」いちばんのお薦め、サルサソース。
これが意外に生牡蠣と見事にマリアージュ。

寒さがしみる冬にいただく生牡蠣に贅沢感を満喫。
いいお口直しになりました。

貝と白ワインのバル KAKIMARU 綾小路店
京都市下京区綾小路通富小路西入ル塩屋町66
050-5799-7791
17:00-25:00(木曜休み)

接客 ☆☆☆☆
味 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆☆
価格 ☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

オイスター & バール ダイヤス

160225_01

室町四条上ル東側の目立たないビルへやってきた。

160225_02

店頭に掲げてある目立たない黒板に、店名が少し隠れて見える「ダイヤス」の文字。

牡蠣で有名な、創業大正十年の錦市場にある「錦 だいやす」。
20時で閉店する「錦 だいやす」の牡蠣を、深夜24時まで楽しめるバル、『オイスター & バール ダイヤス』がここ。

160225_03

地下へと続く階段の横に掲げられた「OPEN」の案内板。
まっ赤な壁からはスペインを思い起こさせられる。

160225_04

お洒落な店内に期待は高まる。
インテリアのデザインが素晴らしい。

女子受けしそうな雰囲気。
雰囲気だけで酔いそう。

入店するとすぐにスタッフから声をかけられてテーブル席へと案内される。
カウンターに座りたかった。

- カウンターでもいいですか?

〝予約が入ってるので無理です〟

ぶっきらぼうな返事にテンション下がる…。
すでに怪しい臭い。

人気店のはずなのに、お客さんはまばら。

160225_05

つきだし \300-

\300-のつきだしは、人参の細切りかなぁ。
少しグレープフルーツの香りがする。

もしかして、これはサングリアに使ったフルーツの再利用?
お箸を進めるに連れて確信がもてるようになった。

盛りが上品。

160225_06

アサヒスーパードライ 生 \200-

このお店の一番のウリ、スーパードライが \200-。
おそらく原価に近い。

牡蠣よりもスーパードライに惹かれる。
泡がきめ細かくてまろやかなのも魅力的。美味しい~。

「エクストラコールド」は、\350-。
これも格安で嬉しい。

160225_07

北海道厚岸産真牡蠣 まるえもん \300-/個
長崎県五島列島産真牡蠣 \300-/個

なかなかオーダーを聞きにきてくれないスタッフを大声で何度も呼んでようやくオーダーできた生牡蠣。
11月から5月までは真牡蠣、6月から10月までは岩牡蠣を提供いただける。

160225_08

ぷりっぷりの厚岸産真牡蠣を生でいただく。
とろけるような食感と濃厚な味わいにうなり声が出るほど。

これは美味しい~。
絶品。

160225_09

続いて、五島列島産の真牡蠣を堪能。
少し小ぶりながらもこれも美味しい~。

グラスが空いてもドリンクのお代わりすら勧められないイマイチなスタッフは問題外。
それでも、生牡蠣のレベルはピカイチで相殺される。

幸せ~。

160225_10

さらにもう一度、厚岸産と五島列島産の真牡蠣を2個ずつオーダー。
一皿 \1,200-也。

160225_11

五島列島の海を感じる旨さ。

160225_12

北の荒波を思わせる引き締まった身。

160225_13

三重県鳥羽産 浦村牡蠣(蒸し) \240-

兵庫県室津産の生牡蠣は売り切れ。
鳥羽産の浦村牡蠣は蒸しのみという。

加熱した方が味に深みが出ると言われるけど、一度生牡蠣を食べたら比較にならない。
身が小さくなってビジュアルもイマイチ、味もそこそこ。これはもういい。

160225_14

焼き枝豆の粗挽きペッパー \380-

枝豆を焼いて黒胡椒をかけたもの。
これは自宅で簡単にできそう。

お酒のアテにはいいね。
残念ながら、なかなか提供されなかったけど。

160225_15

牡蠣の熱々アヒージョ \980-

文字通り熱々のアヒージョ。牡蠣の身が小さくて少ないのは期待通り。
それ以上に、味がイマイチ。何これ?

ガーリックの風味はほとんど感じない。
そして、本当にオリーブオイル?

まるでサラダ油のように味のないオイル。
不思議な味わい。

さらに、添えられてるバゲットは驚愕もの。
コンビニかスーパーで売ってる期限切れのものですか?

さすがに「錦 だいやす」の姉妹店だけあって生牡蠣は絶品。
その反面、調理品はどれもイマイチ。

たくさんいるスタッフはキッチンに引きこもったまま雑談に忙しい。
予約で座れなかった8席もあるカウンターには誰一人とお客さんはやってこない。

料理を提供してやってる、食べさせてやってる、という雰囲気が出過ぎのお店。
なるほど、お客さんが全然入っていない理由が見えた。

リピーターは皆無に違いない。
あぁ、おいしい牡蠣でリセットしたい。

もうこれ以上長居したくなくて早々に撤収。
広すぎるお手洗いに驚き、店内の統一されていないインテリアは見もの。

ピザやパスタ、スイーツもメニューにあるけど、とても期待できない。
怖いもの見たさにオーダーしてみるのも面白かったかもしれない。

「錦 だいやすが」閉店した20時以降に、どうしても生牡蠣を食べたくなった時のみ通えるお店。
コストパフォーマンスも悪い。

オイスター & バール ダイヤス
京都市中京区室町通錦小路下ル菊水鉾町582 吉村ビル地下1階
075-255-1553
17:00-24:00(火曜休み)
http://www.kyoto-nishiki-daiyasu.com/

接客 ☆
味 ☆☆
雰囲気 ☆☆
価格 ☆
総合 ☆

その他のカテゴリー