Duce mix Kitchen

160423_47

7軒目、大満足のバーで落ち着いた後は、お洒落なビルヂングに惹かれて。
「バルやってます。」の文字が控えめに浮かんでる。

160423_48

手づくり感満載のバルメニューは興味を惹くこと間違いなし。
蔵尾ポーク100%のハンバーガーを提供されていて、通常営業はお休み。

160423_49

1階はベーカリー。焼きたてパンのいい香りが漂う。
帰りに買って行こう。

160423_50

2階がビストロカフェで、3階はイベントスペースらしい。
テーブル席は半分以上埋まってる。女性率 100%。

160423_51

なんともお洒落な店内は女性向け。
吹き抜けとなってる横にカウンター席がある。

160423_52

すぐにスタッフさんがドリンクを運んできましたよ。
盗撮してるのがバレバレ。

160423_53

蔵尾ポーク 100% ハンバーガー、生ビール

プラスチックカップで提供された生ビールにはがっかり。
それでも、ラッピングペーパーに包まれたハンバーガーのボリュームにびっくり。

しかも、フライドポテトまで添えられてる。
いい香りに期待が高まる。

160423_54

蔵尾ポーク 100% ハンバーガー

このハンバーガーの完成度は芸術品と言ってもいい。
こだわりのバンズにシャキシャキのレタスとオニオンスライス、トマトスライス。

ジューシーなパティは蔵尾ポーク 100%。
こんなに美味しいハンバーガーを食べたのは初めて。

美味しさに感動して言葉が出ないほど。
上手く伝えられないのが非常に残念。

素っ気なくて上から目線のスタッフはかなりのマイナスポイントだけど、
それをもみ消すほどの高いレベルに大満足。いいお店を見つけたな~。

160423_55

1階を覗いてみると、続々とパンを購入されるお客さんが来店されてる。
パンも美味しいに違いない。まだ残ってるかな…。

160423_56

さっきよりずいぶんパンが減ってきてる。
慌てろ…。

160423_57

こだわりのクリームを使ったクリームパン。
イリエのクリームパンを超えるかな。

160423_58

バゲットは驚きの \180-。
全粒粉で焼いた「バゲットルフレ」は \220-と少し割高。

それでも一般的な価格よりはるかにリーズナブル。
安くて美味しいパン屋さんめっけ。

160423_59

湯種食パンは、1斤 \280-。
これも食べたいな~。

160423_60

ペニエは、1個 \40-という安さ。
どんな味がするのかなぁ。

160423_61

今、まさに揚げたてのこだわりカレーパンは \180-。
カレーパンは熱々が絶対に美味しい。

160423_62

1階のベーカリーは、8時から19時まで営業。
自宅の近くにあったら毎日通うお店間違いなし。

Duce mix Kitchen
大阪市福島区吉野2-3-10 Duce mix ビルヂング2階
06-6110-5378
11:30-14:00、14:30-17:00、17:30-23:00(月曜休み)
http://www.ducemixkitchen.com/

接客 ☆
味 ☆☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆☆
価格 ☆☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

BAR 宮崎

160423_37

6軒目は昼間のバーへ。
「にこみや大山」と同じビルの上にある。

なぜか開店時間が 12時から16時の昼間 4時間だけ。夜は通常営業されるのかな。
あれっ、店頭の看板には18時から21時になってる。どういうこと?

160423_38

ガタゴトと潰れそうなエレベーターに乗って5階で降りる。
素っ気ない看板はあるけどお店が見当たらない…。

「3べろ」に惹かれるなぁ。

160423_39

ありました、「BAR 宮崎」。
扉を開けていいものか、迷いがよぎる。

あれれ、鍵がかかってますよ。
すでに閉店?まだぎりぎり 16時前ですが…。

160423_40

慌ててお店へ戻ってきたマスター。
1階でお客さんかもしれないと思ってくれてたらしい。

バルメニュー片手に歩いてたらバレバレかな。
もちろん、お客さんは他にいない。

160423_41

カウンターに並ぶふわふわのソファ席は座り心地がいい。
意外に話が面白いマスターは、洋食店出身とのこと。

なるほど、海老江駅前の「イタリア料理 モデナ」はお兄さんのお店らしい。
バーなのにバルメニューが「前菜 3種盛り合わせ」という謎が解けた。

160423_42

紅茶とヘーゼルナッツリキュールのアイスミルクカクテル

精魂込めてつくっていただいたショットは、紅茶とヘーゼルナッツのリキュールを使ったもの。
これほど手の込んだショットをつくっていただけるとは思えなかった。

プロがシェイカーを振るのをはじめて間近で見たけどとても真似できそうにない。
1杯 \1,000- と言われても納得できる完成度。

「甘くて料理には合わないかもしれない」ということだったけど、これはかなりイケる。
美味しいショットは、こんなにも満足度が高いものなのか~。素晴らしいの一言。

160423_43

前菜 3種盛り合わせ

しっかり盛り付けられた前菜 3種盛り合わせはとても美しい。
ボリュームも十分。これでチケット1枚とは完全に赤字だろうなぁ。3枚出せる。

160423_44

盛り合わせの1品目、じゃがいもとミンチを和えたもの。
これがなかなか絶妙な味付けで美味しい。

160423_45

2品目は、バゲットに載ったミニトマト。
これも絶品。まさかこんなにレベルの高い料理が出てくるとは思いもしなかった。

160423_46

そして野菜たっぷりのミネストローネ風。
これはマカロニの一種かなぁ。

どれも絶品の前菜盛り合わせ。
前菜というよりメインでもおかしくないレベル。

バーなのにこんなレベルの高いフードが提供されるなんて驚きばかり。
近所にあったら毎日通いたくなるお店。

今回の野田バルで一番はまさかのバー。
すぐに満席になったのもうなずける。

BAR 宮崎
大阪市福島区玉川4-12-8 オモテビル5階
06-6441-5333
18:00-26:00(火曜休み)
http://blogs.yahoo.co.jp/ebienobartt/

接客 ☆☆☆☆
味 ☆☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆
価格 ☆☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆☆

にこみや大山

160423_30

気を取り直してやってきた5軒目はもつ煮込み屋さん。
文字だけのバルメニューには決して惹かれないけど淡い期待を持って。

160423_31

ひっそり静かな店内。
扉を開けたら店員さんが地下からご案内。

160423_32

全然お客さんが入っていないお店というのは珍しい。
すでにオープンして 30分経過してる。

160423_33

すじ煮込み

座ってすぐに提供されたすじ煮込み。
味付けが濃くてビールによく合うね。

あらら、生ビールの写真がない…。
まさか撮り忘れるとはまだまだだなぁ。

160423_34

このままお客さんは来ないのかなぁ。
静かでいいけど。

160423_35

野田でホルモン煮込みならここらしい。
アドレスがリンク切れしてるからお客さんも切れてるのかなぁ。

160423_36

なぜかマトリョーシカがカウンターに鎮座する。
ひとつだけなのも寂しいね。

にこみや大山
大阪市福島区玉川4-12-8 オモテビル1階
06-6446-6688
17:30-24:00(日曜休み)
50席

接客 ☆☆☆
味 ☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆
価格 ☆☆☆
総合 ☆☆☆

串カツダイニング はれる

160423_25

4軒目は和食、串カツ屋さんへやってきた。
前回長い行列ができてて気になってたお店。

まだ時刻が早いからかもしれないけど行列はみられない。
もしかして危険信号なのかな。

160423_26

意外と店内は混雑しててカウンター席は埋まってた。
それでも賑わってる雰囲気とはほど遠い。

160423_27

悲しくもボックス席へ案内された。
そして忘れ去られたのか、一切対応されず放置プレイ。

160423_28

プレミアムモルツ

10分ほど待たされてようやくプレミアムモルツが提供された。
泡が消えかけてるのは、「達人店」ではない証拠かな。

160423_29

おまかせ串カツ 5種盛

さらに10分待たされて提供された串カツ5種盛り。
牛、レンコン、うずら、ししとう、ししゃも。

すでにビールジョッキは空いてます。
全然おいしいと感じない残念なお店だったなぁ。

慣れないバイト君が1人でホールを担当してたから仕方ないのかな。
「また来たい」とは絶対に思えないお店。

コスト度外視で集客目的のバルイベントで評価を下げてたら本末転倒。
行列がなかった理由ははっきりしたね。残念。

串カツダイニング はれる
大阪市福島区野田3-12-17
06-6147-2627
17:00-24:00(不定休)
カウンター 8席、テーブル 2席、堀こたつ 18席
http://kushikatsu-hareru.com/

接客 ☆☆
味 ☆☆
雰囲気 ☆☆
価格 ☆☆☆
総合 ☆☆

創作レストラン 3tre

160423_16

早くも 3軒目のお店へGO。美味しいピッツァを求めて本格的な石窯があるイタリアンレストランへ。
店頭のテラス席がまるでパリの街並みを思わせる。言い過ぎかな…。

160423_17

メニューは、マルゲリータ 1/4カットとドリンク1杯らしい。1/4カットか…。せめて1枚食べたいなぁ。
ドリンクは、生ビール、赤ワイン、白ワイン、ジュースのなかからひとつ。

160423_18

お洒落な造りの店内は女性受けしそうな雰囲気。
ひとりでカウンターに座れるのがいいね。

160423_19

生ビール

ピッツァには赤ワインでしょ~。と思いつつここは生ビール。
どうして?熱い日射しのなか、くいっとビールを飲みたかったから。

160423_20

マルゲリータ 1/4カット

さすが石窯で焼くピッツァは焦げた生地が美味しそう。
1/4カットというのが寂しいなぁ。モッツァレラチーズとバジルの量が少なめなのも気になる。

160423_21

割に合わないバルメニューに合わせてコストカットしてるのかなぁ。
満足度を下げるメニューを提供するのは本末転倒のような気がする。

バルメニューこそ赤字覚悟で提供してお客さんの心を惹きつけるのが理想と思うなぁ。
味は間違いないけど、お店の方針がいただけない。でも、コストパフォーマンスは十分かな。

2軒目があまりによかったから残念に思えてしまうだけかもしれない。
会話好きなお姉様のノリは大阪らしくて楽しい。

160423_22

イギリスでメジャーなビール、「アミーゴ」を熱烈に勧めてきた。\300- /本。
えっと、イギリス?このお店はイタリアンでは?

160423_23

LINEのお友達登録でいただけるデザートはカシスのシャーベット。
ここでスマホネタですか…。まさか盛り上がるネタを振られるとは思いもしなかったなぁ。

160423_24

ゆったり座れるソファ席で女子会なんていかが?
ソファ席で食事なんて考えられないと思うのは男性だけ。

女性の心を惹きつけたもの勝ち。
また来たいお店のひとつ。

創作レストラン 3tre
大阪市福島区大開1丁目4-5 ルワージュ野田1階
06-4804-5530
11:30-15:00、18:00-22:00(日曜・月曜休み)
カウンター 4席、テーブル 16席、テラス 2席、ソファ 1席(6名)
https://www.facebook.com/tre.osaka

接客 ☆☆☆☆
味 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆
価格 ☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

Cafe & Bar AVOCADO

160423_07

残念な想いを胸に抱えながら 2軒目へと向かう。
予めお店の前を通ってチェック済み。今度は大丈夫かな。

160423_08

店頭に掲げられてるランチメニューは、「アボカドトースト」が \400-。
他にも、「ロコモコ丼」 \680- とずいぶんリーズナブル。これは期待できる。

160423_09

自宅の1階を改造して食堂にしたような雰囲気。
ちょうどカウンター席が空いたところで満席を免れた。

160423_10

スパークリングワイン

ドリンクは、生ビール、グラスワイン(赤、白、スパークリング)、カシスオレンジ、梅酒、ソフトドリンクから。
アボカド料理に合わせてスパークリングワインをオーダー。たくさん入ってるのが嬉しい。

160423_11

店内は手づくりのアボカドアクセサリーが飾られてる。
ピアスやブローチは販売中でもある。アボカドに対する熱意はただものではない。

160423_12

ご主人が調理担当、ご婦人がサービス担当。
息の合った身のこなしは素晴らしいの一言。

160423_13

黒毛和牛のカルビとパプリカ

1品目は、黒毛和牛のカルビにアボカド、そして赤いパプリカが串刺しにされてる。
柔らかい牛肉とアボカドが口の中でとろけるような美味しさ。なるほど~、これはアタリ。

160423_14

ウニとホタテの海鮮ピンチョス

2品目は、ウニとホタテの間にアボカドが挟まれてるピンチョス。
新鮮でプリプリのウニとホタテのハーモニーが最高。パンの割合はかなり少なく大満足。

\620- でこのレベルの料理とドリンクを出してたら赤字なのでは?
野田エリアで最高レベルのお店を発見したと言っても過言ではない。いいお店に出会ったなぁ。

160423_15

バルのお客さんは早々に退店されて空席ができたところ。
満席で行列ができてもおかしくない、かなりレベルの高いお店。

また来たいと思えるお店を見つけることがバルフェスタの楽しみ。
ここは再来必須。ランチもディナーも楽しみたい。

Cafe & Bar AVOCADO
大阪市福島区大開1-13-10
06-6225-7585
11:00-14:00、18:00-25:00(月曜休み)
カウンター 5席、テーブル 12席

接客 ☆☆☆
味 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆
価格 ☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

ビストロ かたおか

160423_01

春の恒例、「第11回 野田バル」の1軒目に選んだのは、毎回行列で断念してる「ビストロかたおか」。
12時の開店直後だけに行列は皆無。ついに念願が叶った~。

160423_02

開催時間は12時から15時までのわずか3時間。
さすが人気店は強気の構え。

160423_03

開店直後というのにすでに 4組の客入り。
知ってる人は知ってるんだね~。お目が高い方々がずらり。

160423_04

今回の「野田バル」は、5枚綴りチケット x4冊の 20軒を目標。
前売りチケット1冊 \3,100- で、1枚当たり \620- というお得なイベント。

すでに11回目になるものの、まだまだ新しいお店が参加中。
いいお店が避けるようになったのは悲しいかな。

160423_05

スパークリングワイン
乳飲み仔牛と大根、ペンネのトマト煮込みマスタード風味

先着 20名のスパークリングワインをオーダー。
すっきり飲みやすい。フランス産?

ドリンクは他に、白ワイン、赤ワイン、サングリア、オレンジジュース、ウーロン茶。
20名限定ということは、ボトル 2本ということかな。

160423_06

乳飲み仔牛はどれ?
ほとんどがペンネで占められてますが…。

なるほど、ペンネのトマト煮込み料理ですか。
味付けも疑問が残る代物。「フランス食堂」だからこんなものなのかな。

いつもながら期待し過ぎた?
期待すると裏切られることが多い。

ごちそうさまでした。
他のお客様も不満足そうな顔。

スタッフの対応もノリが悪く暗い。
全くやる気が見えないと料理も美味しく感じないなぁ。

残念。

ビストロ かたおか
大阪市福島区大開1-5-29
06-6466-7107
11:30-14:00、17:30-20:30(月曜休み)
テーブル 20席
http://ryuichikataoka.jimdo.com/

接客 ☆☆
味 ☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆
価格 ☆☆
総合 ☆☆

イタリアン酒場 ハレルヤ

160414_18

おいしいピッツァを食べたくて、「ハレルヤ」へやってきた。
本日3軒目はイタリアン。

もう3年目になるのかな。
今年も10月にビール \100- セールを期待。

160414_19

カウンターにずらっと並ぶ女性のお客さん。
雰囲気がよく、イケメン男性スタッフが多いとあって、おひとりさまが多い。

誰1人としてテーブル席に座っていないことが面白い。
2階席はパーティー中みたいで賑やか。

160414_20

綺麗な白木のカウンターの前にガラスのネタケースがあって、まるでお寿司屋さんのよう。
白いメニューがお洒落でいいね。

おしぼりは使い捨て。
残念…。

160414_21

アテとワインとカトラリー。
女性好みの雰囲気がいいイタリアン。

160414_22

カビッキオーリ・ランブルスコ・セッコ \700-

ピッツァに合うお薦めのワインを訊いたら、赤辛口微発泡の「ランブルスコ」を提案してくれた。
ワインを全く知らない女性スタッフの知ったかぶりがとっても残念。

あぁ、イケてないホール担当の女性スタッフではなくて、キッチン担当の男性スタッフに訊けばよかった。
お客さんのペースを考えずに、ドリンクオーダーを急かされたのが残念。

まるでロゼのように薄い色。
「辛口」らしいけど、すっきり飲みやすい。

これはこれでいいけど、ピッツァには合わないのがよくわかる。
濃厚なチーズには合いそうにない。

160414_23

チャージ \300-

チャージは \300-。
2枚のラスクの上に載ってるのは何かな。

玉子サラダとマッシュポテトとみた。
急かされてる感じがいただけない。

160414_24

キッチンは全員男性スタッフ。
およっ、お隣に男性の1人客が来店。常連さんらしい。

昨日から始めたという新メニューの「スペアリブ」をオーダー。
美味しそうだな~、うらめしや~。

160414_25

目の前に鎮座する生ハム。
いつのものかなぁ。

誰もオーダーしないのが意外。
もしかしてイケてないのかな。

その奥でピッツァの生地を広げるオーナーシェフ。
ふわふわに発酵した生地を見ただけで美味しそうなのが伝わってくる。

160414_26

なるほど~。直接ピザ釜に投入できるようにスコップ(?)の上に生地を広げてる。
この上で具を盛り付けるらしい。

160414_27

手際がとってもいい。
具を次々と盛り付けていく。

160414_28

あっという間に盛り付け終了。
これからピザ釜へ投入かな。

160414_29

ピザ釜の中は 900℃くらいあるのかな~。
焼き具合を確かめながら1分ほど待つ。

160414_30

マルゲリータ Sサイズ \900-

あっという間に完成した「マルゲリータ Sサイズ」。
Sサイズといっても十分すぎるほどの大きさ。

ウッドのまな板がいいね。
生地に付いた焦げ目が美味しそう。

160414_31

トマトソースとモッツァレラチーズ、バジルの色合いがいいね。
見てるだけで幸せを感じるほど美味しさが伝わってくる。

チーズベースかトマトベースかを迷ったけどマルゲリータにしてよかった。
ピッツァのレベルを判定できる基本中の基本。

口の中へ入れる直前の写真がもっとも美味しそうに見えるらしい。
その通り。

160414_32

ピッツァはナイフとフォークでいただきます。
手は汚れないし、上品にも見える。

少しだけツウに見られるのが唯一の難点。
味にはうるさいけど、ほとんど味をわかっていないのも事実。

どれだけ笑顔になるかが美味しさの基準。
美味しいものをいただいたら自然と笑みが漏れる。

生地の発酵具合とトマトソース、モッツァレラチーズのバランスがとってもいい。
おいしいピッツァをいただけて幸せ満点。

160414_33

あわ~

あまりの綺麗さに思わず写真を撮ってしまったお手洗い。
これまで訪れた飲食店の中でダントツ1位の綺麗さとお洒落な雰囲気を醸し出してる。

こんな風に自宅のお手洗いをリフォームするのもいいね。
便器の白さが異常に目立つ。

楽しい時間を過ごさせていただきました。
きちんと店頭まで見送っていただけるサービスにも満足。

次はゆっくり色々な料理をいただきます。
フードメニューが充実してて、27時まで営業してるのが嬉しい。

イタリアン酒場 ハレルヤ
滋賀県大津市松原町13-39
077-534-1718
17:30-27:00(木曜休み)
カウンター 8席、1階テーブル 20席、2階テーブル 14席
http://www.spcreate.biz/hallelujah/

接客 ☆☆☆
味 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆☆
価格 ☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

串カツ 立飲 揚揚

160414_09

大粒の雨が降りしきるなか、「松原町西」の交差点を南、石山寺方面へ進む。
北へ歩いて「とりちゃん 石山店」に向かったらまさかの閉店…。

え゛っ、去年の6月にオープンしたばかりなのに?
つぶれるのが早すぎる…。気前のいい大将は、サービスし過ぎたのかなぁ。

諦めて反対方向に歩くこと 2分。京阪電車の踏切を越えて振り返る。
線路沿いの串カツ屋さんは意外にも空いてる様子。

雨だからかなぁ。
1組の熟年カップルが入店して、お客さんは3人とみた。

160414_10

店内から楽しそうな声が聞こえてくる。
この活気がいいね。狭いお店はお客さん同士ですぐに仲良くなれるのがいい。

160414_11

オーダー必須の「揚揚セット」。
牛カツ、エビ、おまかせ野菜串5本、以上 7本で \500-。

2次会使いにも嬉しいメニュー。
これにドリンクが付いてたら言うことなし。

赤字かな…。

160414_12

あれれ、無人?ではなくて大将は揚げものに必死。
お客さんは先ほどの熟年カップルと、恐らく○レのサラリーマン1名。

ちょうどセンターになる特等席をゲット。
二度付け禁止のソースがいい雰囲気。

生ビール \300-、ソフトドリンクは \200-からともちろん立ち飲み価格。
串カツは、野菜串が \60-。そこから エビ、牛カツの \250- まで 20種類ほどあって豊富。

160414_13

アサヒスーパードライ生ビール 中ジョッキ \300-

まずはご挨拶がてら「スーパードライ」とアテのキャベツをいただきながら自己紹介。
おっと、早々とエビが提供されてきました。熱々をいただきます~。

お隣さんは、マッチ棒のクイズに奮闘中。
2本動かして、犬の向きを西から東へ向かせるという難問?

あらあら、これは簡単ですよ~。
子供には解けて、大人には解けない問題。

頭を柔らかくね~。
アルコールが足りないのかな。

160414_14

揚揚セット \500-

歯ごたえのいいキャベツは新鮮で美味しい。
これだけ空いててゆったりできるのは初めてかな。

ぎゅうぎゅうに詰めても10人くらいと思ってたけど、最高で14人も入ったことがあるという。
満席でも断られることはないから安心。

暖かいと外でも楽しめる。
電車の鉄粉をおかずに…。

160414_15

エビ

エビも身がプリプリで歯ごたえがいい。
もちろんしっぽまで一気にがぶり。

160414_16

オクラ
レンコン

あわわ、写真を撮る前に食べてしまったレンコン。
シャキシャキと歯ごたえがいいね。オクラも美味しい。

細かく砕いたパン粉は「はなまる串カツ製作所」と同じ。
食べやすくて口当たりがいいのが嬉しい。

160414_17

ナス、エリンギ…

続いて、ナス、エリンギ…、忘れてしまった。
まだそんなに飲んでないのになぁ。

写真を撮ってたら、「いきものがかり」の山下穂尊さんそっくりの大将がフレームに入ってきた。
そんなお茶目な性格が好き。

せっかく楽しい時間だったけど、次があるので後ろ髪を引かれながらも退散します。
ご馳走さまでした~。

串カツ 立飲 揚揚
滋賀県大津市粟津町5-12
077-534-7090
17:00- がんばれるまで
不定休
カウンター 7席

接客 ☆☆☆☆
味 ☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆
価格 ☆☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

GRILL STOVE

160414_01

JR石山駅から徒歩5分ほどの場所に突然出没した洋食屋さんへ初訪問。
「松原町西」の交差点から琵琶湖へ通じる一方通行路の拡幅工事の竣工に伴って2014年6月にオープン。

お洒落な外観が夜のとばりに目立ち、気になってたお店。
オーナーシェフの中野さんは、瀬田の「セルポワ」出身というから期待が持てる。

160414_02

店内にお客さんは1組。4人掛けテーブル 3卓、2人掛けテーブル 2卓、カウンター 7席。
こぢんまりしたお店を 1人で回されてる。

160414_03

ドリンクは、生ビール、ハイボール、カクテル、ソフトドリンクなど。
そして、メインのワインは、イタリア産、フランス産、チリ産の3産地から赤、白、泡を取りそろえる。

ボトルは \2,200-からとリーズナブルなのが嬉しい。
グラスワインも \480-から。全て税込み価格。

160414_04

壁に掲げられている黒板ならぬ赤板に本日のお薦めメニューが紹介されてる。
クラムチャウダー、田上産極太アスパラ、天然真鯛のソテーなど。

旬の素材を使ったお料理は全て美味しそう。
全部制覇したいくらい。

「本日のおつまみセット」は、自家製オイルサーディンとミニチキンカツ。
これに、生ビールまたは赤ワイン、または白ワインが付いて \1,000-とお得。お得?

160414_05

おつまみセット \1,000-

お決まり、「おつまみセット」をオーダー。綺麗な盛り付けにこだわりを感じる。
その後、お客さんが続々来店。テーブル席は満席になり、カウンター席にも女性のおひとりさまが来店。

女性客 100%。男性の好みではないだろうね。
そして、意外に女性客でもたくさんオーダーされるみたい。

天使の海老フライ、ハンバーグステーキ、古代豚ロース、チキンカツ、カニクリームコロッケ、オムライス…。
いったいどれだけ食べるのですか…。

シェフ1人でとても回せない雰囲気がむんむん。
大丈夫?

160414_06

赤ワイン

「おつまみセット」のドリンクは赤ワインをオーダー。
銘柄を聞き忘れてしまった…。

程よい渋みで飲みやすいワイン。
本日お薦めの「タマヤ シラーレセルバ」かな?

なみなみ注いでいただけるのも嬉しい。
ただ、オーダーしてから10分ほど待ち。遅い…。

160414_07

ミニチキンカツ

サクサクの衣にふわふわの柔らかいチキンカツ。
味がよくしみていて上品。これは美味しいなぁ。お料理のレベルはかなら高いとみた。

他のお料理も期待できそう。
ハンバーグ、天使の海老フライ、カニクリームコロッケ、オムライスは食べておきたい。

ただ、お料理が出てくるまでさらに15分。
さすがにこれは待たせすぎでしょ。シェフが1人だから仕方ないかなぁ。

160414_08

自家製オイルサーディン

オイルサーディンというからにはカタクチイワシなのかな。
あっさりとしていて上品な味わい。これも絶品。いやいやこれはイケますよ。

石山エリアでこれだけの美味しいお料理を提供いただけるお店は他に思いつかないくらい。
ただ、お料理の提供が遅すぎるのが難点。

他のお客さんがオーダーされたお料理もなかなか提供できていなかった様子。
たくさん楽しみたかったけど、お料理が出てきそうになかったからここで退店。

とても対応のいい中野シェフ。そして、お料理のレベルもかなり高い。
でも、提供に時間がかかるのは残念。味はよくてもお客様を焦らせるのはマイナスかな。

他のお客さんがいない時にゆっくり来店したい気分。
申し訳ないけど、今日はこのまま帰ります。

客単価 \1,000- では赤字だろうね。
またの機会に。

GRILL STOVE
滋賀県大津市松原町8-10
077-532-6112
11:00-14:00、17:00-21:00(火曜休み)
カウンター7席、4人掛けテーブル3席、2人掛けテーブル2席

接客 ☆☆☆
味 ☆☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆☆
価格 ☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆

«ホルモン豚金